東京23区の中で、どんぐりが拾えるところはどのくらいあるんでしょう?

うちの近所では、少し歩いて探すと、どんぐりの木のある公園が見つかるのですが、他の地域はどうなんでしょう?
ちょっと気になったので、東京23区の状況を調べてみました。
調べるに当たって、区が管理している公園などを対象としました。個人のお宅や私有地は含んでいません。

まず、インターネットで東京23区のホームページを探し、その中で公園の整備や緑化を担当しているセクションに
電子メールや手紙で問い合わせとお願いをしてみました。質問要旨は、以下の2つです。

Q1:区内の公園にはどんぐりの木が植えてありますか?リストをいただけますか?
Q2:これからどんぐりの木を植える(または増やす)予定はありますか?
(注:2002.11月時点では、どんぐりの木のある公園のみをお聞きしました。)

いただいた回答をもとに、以下の表のようにまとめました。

区の名前

ホームページアドレス

回答をいただいた担当セクション

いただいた回答やその他備考。

ご存じのとおり、東京23区は、足立区荒川区板橋区江戸川区大田区、葛飾区、北区江東区
品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区世田谷区台東区中央区千代田区豊島区中野区
練馬区文京区港区目黒区(以上50音順)です。
(区の名前をクリックすると、その区の表にジャンプします。)
ご回答をいただいた区から順次掲載しています。掲載は、わかりやすさの点から50音順としました。

総合的な情報のみの区もありますが、可能な限り調べて各区の「どんぐり情報」として掲載したいと思います。
ただ自分で調べるとなると時間がかかりそうなので気長にお待ちくださいね。

では、どうぞ。

 

(ただいま22区の情報を掲載中)

足立区

http://www.city.adachi.tokyo.jp

土木部公園緑地課公園事務係

・どんぐりのなる木としては、スダジイ、マテバシイ、カシ類、クヌギ、コナラ等のブナ科の樹木があげられます。
・足立区の公園の大部分には上記樹木のどれかは植えられているので、探せばどんぐりの実を簡単に見つけることができると思います。。
・どんぐりと言うと、一般的には落葉樹のコナラ、クヌギを指す場合が多いようで、コナラ、クヌギは生育に必要な条件があり、多摩丘陵、武蔵野台地等で雑木林を形成して植生しています。
・足立区は、もともと低湿地を埋め立てて造成されており、地下水位が高く、土壌の性質などがコナラ、クヌギの生育状況に適しておらず、植栽された雑木も成長が悪いこともあり、積極的な植栽は行っていません。
・こうしたことから、足立区の環境にも適した緑化樹木であり、生育がよいマテバシイ、スダジイ等の常緑樹を植栽しています。
・現在、マテバシイ、スダジイ、カシ類を主体にした植栽を進めていますが、今後、公園の造成、改良にあたって、コナラ、クヌギ植栽についての区民要望が多い場合、雑木類のどんぐり植栽を増やしていきたいと考えています。
(以上、2000.9時点)

以上のようなご回答をいただきました。足立区土木部公園緑地課公園事務係様、お忙しいところ情報をいただきありがとうございます。金曜日の問い合わせに翌水曜日には郵便での回答が到着と、迅速なご対応をしていただきました。

 

上のようにマテバシイ、スダジイ、カシ類は足立区の大部分の公園にあるようです。私個人としてはマテバシイ、スダジイ、カシ類のどんぐりが拾えるだけでうれしいです。クヌギのどんぐりはどんぐりの王様みたいで、拾うと特に大事にしてましたね。
また、コナラ、クヌギ等雑木の多い代表的な公園として、4つの公園を教えていただきました。
リストは、こちらです。

[このページの先頭へ]

荒川区

http://www.city.arakawa.tokyo.jp

土木部公園緑地課緑化推進係

・どんぐりのなる木は,ご存知のようにコナラ・クヌギなどの落葉樹、シイ(スダジイ)・シラカシ・マテバシイなどの常緑樹等、多くの種類があります。荒川区内には、マテバシイ・スダシイ・アラカシ・ウバメガシ・コナラ・クヌギ・(クリ)などが植えてあります。
・当区内の公園では、どんぐりとして一番見ることができる公園は荒川自然公園です。ここには、ウバメガシ・マテバシイ・スダジイ・シラカシ・アラカシ・コナラ・クヌギが多く植えてあり、いろいろなどんぐりを見ることができます。
   (注)荒川自然公園……荒川区荒川8−25−3 面積 56,925平方メートル
      都電 荒川2丁目下車    TEL 03(3803)4042
・また、区内の公園・児童遊園の中にも、マテバシイ・スダジイ・シラカシなを植えてありますが、マテバシイ・スダジイなどの植栽に関しては、植栽されている場所により、2〜3年ごとに剪定をしておりますので、なかなかどんぐりを見ることが難しい状況です。
・(どんぐりのなる木を植える予定はあるか、という質問に)荒川区では、近年新しい公園の造成や大規模な公園改修工事の予定がなく、現在具体的にどんぐりのなる木を植える予定はありません。

以上のご回答をいただきました。荒川区土木部公園緑地課緑化推進係様/企画部広報課広聴係様、お忙しいところ情報をお寄せいただきありがとうございます。

[このページの先頭へ]

板橋区

http://www.city.itabashi.tokyo.jp

土木部みどりと公園課北部公園事務所

・「どんぐりの木」は板橋区の各所の公園にあります。
・樹の種類は、マテバシイが多くあり、他にはシラカシ、クヌギ、コナラ、スダジイ、ブナ、ウバメガシ等が所々の公園に散見されます。
・今ある「どんぐりの木」を大切にしていきたいと考えています。
・板橋区の公園には、落葉樹や常緑樹・針葉樹等多種類が植えてあり、年々それらの樹木も生長し大型化してきておりますので、樹木全体のあやなす重なりやその景観を大切にしていきたいのです。
(以上、2000.9時点)

以上のご回答をいただきました。板橋区土木部みどりと公園課北部公園事務所様、お忙しいところ情報をいただきありがとうございます。問い合わせから1週間しないうちに回答をいただきました。また、ご回答にあわせて、資料をいただきました。
板橋区どんぐり情報はこちらです。公園ごとの情報ではなく、どんぐりの種類や特徴です。

 

(2000.11.3追加。自分で板橋区資料室に行き、調べてみました。)
板橋区緑地・樹木の実態調査(V)(平成7年3月)によると、板橋区内の樹木では、ケヤキ、サクラに次いでスダジイが3番目に多く、全体の11.3%(1,426本)、シラカシは8番目に多く、全体の3.0%(375本)となっています。
区内で、スダジイの多い地区は、常盤台(116本)、小豆沢(105本)、中板橋(102本)あたりで、シラカシの多い地区は、赤塚(90本)、徳丸(57本)、成増(29本)といったところです。
(公園ごとの樹木は、調べた段階ではわかりませんでした。)

[このページの先頭へ]

江戸川区

http://www.city.edogawa.tokyo.jp

環境清掃部緑化公園課

・江戸川区立公園のどんぐりの木についてリストをいただきました。
・これからも子供達が遊べる、楽しめる樹木を植えていただけるとのお話しでした。
(以上、2000.9時点)

江戸川区環境清掃部緑化公園課様、お忙しいところ情報をいただきありがとうございます。こちらも金曜日の問い合わせに翌水曜日のご連絡と、迅速かつ丁寧なご対応をしていただきました。

江戸川区どんぐり情報 樹木別(上)(下)UPしました。

[このページの先頭へ]

大田区

http://www.city.ota.tokyo.jp/

土木部公園課管理係

・大田区には約140箇所の公園があります。(主な公園のリストをいただきました。大田区どんぐり情報をご覧ください。)
・一番多く拾えるのは、多摩川台公園が群を抜いています。二番目が平和の森公園、次が平和島公園です。
・この他にも植えてある本数は少ないですが、どんぐりの拾える公園はあります。
(どんぐりのなる木を増やす予定はありますか、との質問に)
・今のところ予定はありませんが、公園を作り変える時や新しい公園を作る時はどんぐりのなる木を積極的に植えてもらえるように担当の係に話をしました。
(以上、2000.9時点)

大田区土木部公園課管理係様、お忙しいところご回答と各種資料をいただきありがとうございます。(大田区では、主要な公園のパンフレットが用意されている様です。)

う〜ん、やっぱり多摩川台公園ですか。多摩川台公園は、幼稚園や小学校の小遠足でも良く行くところで、「まつぼっくり」も拾えます。亀甲山古墳、水生植物園、野草園などもあって、広くて、お弁当でも持って家族で行くにはちょうどいいところですね。
(ちなみに、公園の近くには売店や自動販売機はなかったと思います。お弁当を持っていきましょう。)

いただいたご回答の中にもありましたが、他にもどんぐりの拾える公園はたくさんあります。本当に小さな公園にもあります。私は小さな公園でどんぐりの木を見つけるとなぜかうれしくなります。

大田区どんぐり情報はこちらです。

[このページの先頭へ]

北区

http://www.city.kita.tokyo.jp

建設部河川公園課公園管理係

・北区では、どんぐりのなる木としては、スダジイ、マテバシイ等の樹木を植栽しています。
・どんぐりはとても人気があるので、咲きに拾われた場合や、管理上樹木を剪定した場合等、どんぐりが見つからない場合があるかもしれません。

(どんぐりのなる木を増やす予定はありますか、との質問に)
・北区では区の木が「さくら」であることから、基本的にはさくらを多く植栽しています。
・これから整備される公園の植栽計画について、特に明確な方針はありませんが、新しい公園を整備する際には、落ち葉、日照、防犯上の見通し等について考慮するとともに、近隣住民の方の意見・要望を伺い、可能な限り整備案に反映していきたいと考えています。
(以上、2000.9時点)

北区建設部河川公園課公園管理係様、ご回答をいただきありがとうございます。月曜日に郵便で問い合わせをしたところ、金曜日にはご回答をいただきました。主な公園のリストをいただきましたので、以下に掲載いたしました。

北区どんぐり情報はこちらです。

[このページの先頭へ]

江東区

http://www.city.koto.tokyo.jp

土木部維持課道路・公園サービス課

・どんぐりのなる木の種類は、落葉樹では、クヌギ、コナラ等、常緑樹では、スダジイ、マテバシイ、シラカシ、アラカシ等があります。
・江東区は大小230箇所の公園があり、8箇所の親水公園があります。
・この中で、仙台堀川公園には、比較的まとめてどんぐりのなる木が植えてあります。
仙台堀川公園は、長さ3.7km、面積10.4haです。区内では、一番大きな親水公園です。
ここには、約24,000本の木が植えられています。「区民の森」と位置付けられたこの公園には、
「桜並木」720本、
「親子の森」(クヌギ、コナラ、シラカシ等のどんぐりのなる木やクリを含めて)100本、
「ふれあいの森」(全国の県木)120本、
「科学の森」(リンゴ、ナシ、ミカン等の果実類)90本、があります。
この他にも「いこいの森」等があり、いろいろな樹木が植えてあります。

その他、区内の街路樹としてマテバシイが1,100本植えてあります。街の中で街路樹に注意していると、どんぐりを見つけることができます。

(どんぐりのなる木を増やす予定はありますか、との質問に)
・公園の設計をするときは、区民の要望が種々あるなかで、利用者に親しまれることを基本的に考えます。
・更に、四季折々に咲く花木や、新緑や高揚で季節感の味わえる樹木、実のなる木や野草を残し、昆虫や野鳥が集まるよう生態系に配慮すること、江東区のように海に近いところでは、潮風に強い樹木、また、地下水位の高いところでも育つ樹木等々を考慮して、設計を行います。
・秋にどんぐり拾いをすることは、自然に親しむ良い機会ですので、今後の公園作りの中で、十分考慮、検討し取り入れていきたいと思います。
(以上、2000.9時点)

以上のご回答をいただきました。江東区土木部維持課道路・公園サービス課様、お忙しいところ情報をいただきありがとうございます。

街路樹にマテバシイですか、いいですね。(春頃には)ふと気がついた時に見上げたらどんぐりの花を発見!なんてこともあるかもしれませんね。どんぐりの花を見たことのある人ってあまりいないんじゃないでしょうか。
そろそろどんぐりの落ちてくる季節になりますが、道端でどんぐり拾いをするときには、車や自転車に気をつけましょうね。

[このページの先頭へ]

品川区

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp

(広報広聴課)

・区内の公園では、マテバシイ、シラカシ、スダジイ等の木は多く見られますが、クリ、クヌギ、コナラの類はあまり見られません。
・前者の多い公園を紹介することはできますが、後者については、1・2本が存在する程度の公園がほとんどですのでホームページに紹介されるほどの内容ではないと判断しました。
・公園の親切や改良の広時を行う際に、花の咲く木、実のなる木を配し、なるべく季節感が味わえるような植際計画を心掛けています。
・今後もこの方針で計画を進めていきたいと思います。
(以上、2000.9時点)

以上のご回答を品川区広報広聴課様よりいただきました。お忙しいところご回答いただきありがとうございます。また、どんぐりの木のある主な公園リストもいただきましたので、品川区どんぐり情報として掲載させていただきます。区役所のご担当者様、お忙しいところ情報をいただきありがとうございます。

品川区どんぐり情報はこちらです。

[このページの先頭へ]

渋谷区

http://www.city.shibuya.tokyo.jp

土木部公園課(?)

・一般的にどんぐりと言われている実のなる木として、シイノキ(スダジイ)、マテバシイ、コナラ、ミズナラ、シラカシ、アラカシ、アカガシ、クヌギ等を植えています。
・数の上ではシイノキとマテバシイが多くなっています。
・渋谷区では、新たな公園を造成する場合や既存の公園を改良する際には、花や実のなる木を植えており、今後、いろいろな意見を参考にしながら、特色のある楽しい公園づくりに努めていきます。
(以上、2000.9時点)

以上のご回答を渋谷区長名でいただきました。また、公園リストもいただきました。区長様、区役所のご担当者様、お忙しいところ情報をいただきありがとうございます。

たいへんお待たせしました。渋谷区どんぐり情報はこちらです。
公園、児童遊園地、緑道の3つに分かれています。

[このページの先頭へ]

新宿区

http://www.city.shinjuku.tokyo.jp

環境土木部みどり公園課公園管理係

・どんぐりの種類は9種類あります。
・アラカシ、アカガシ、ウバメガシ、カシワ、クヌギ、コナラ、シラカシ、マテバシイ、スダジイ(シイ)です。

ということで、新宿区環境土木部みどり公園課公園管理係様から、各公園のどんぐりの木のリストをいただきました。

お待たせしました。新宿区どんぐり情報はこちらです。

[このページの先頭へ]

杉並区

http://www.city.suginami.tokyo.jp

土木部公園緑地課管理係

・どんぐりのなる木を植えてある主な公園の情報をいただきました。

(どんぐりのなる木を増やす予定はありますか、との質問に)
・既設の公園については基本的に木を増やすことはしていません。
・新設の公園についてはコナラやクヌギなどの植樹を検討しています。

以上のご回答を杉並区土木部公園緑地課管理係様からいただきました。お忙しいところ、情報をご提供いただきありがとうございます。

杉並区どんぐり情報はこちらです。

[このページの先頭へ]

墨田区

http://www.city.sumida.tokyo.jp

土木部土木維持課

・どんぐりのなる木についての場所、樹種のリストをいただきました。

・また、どんぐりの木はこれからも植えていく予定とのことです。

ということで、墨田区土木部土木維持課様から、どんぐりの木のリストをいただきました。お忙しいところありがとうございました。

墨田区どんぐり情報はこちらです。

[このページの先頭へ]

世田谷区

http://www.city.setagaya.tokyo.jp

都市整備部都市環境課

・どんぐりのなる木は、落葉樹ではクヌギ、クリ、コナラなど、常緑樹では、カシ、クス、シイ、シラカシ、スダジイ、マテバシイなどがあります。
・どんぐりのある公園等のリストをいただきました。調査にあたって、各総合支所土木課みどりと公園係様、各地域公園管理事務所様に聞いてまとめてくださったとのことです。

・また、どんぐりの木を植える予定のある公園としては、
成城三丁目緑地(世田谷区成城3-16-38)を予定されているとのことです。
・その他の公園等は植える場所が狭く、どんぐりのなる木は将来大きくなるため、特に植える予定はないそうです。

世田谷区区都市整備部都市環境課公園担当様から、以上のご回答とどんぐりの木のある主な公園のリストをいただきました。各支所や公園管理事務所までお問い合わせをしていただいたとのことで、お忙しいところ本当にありがとうございました。

世田谷区どんぐり情報はこちらです。

[このページの先頭へ]

台東区

http://www.city.taito.tokyo.jp

公園緑地課緑化推進担当係

・台東区内にある公園にカシ類やシイ類は多く植栽されておりますが、実際に実のつく木がある公園は次のとおりです。

 隅田公園 マテバシイ、スダジイ、シラカシ

(どんぐりのなる木を増やす予定はありますか、との質問に)
特別ドングリを意識して植栽する予定はありません。ただ、花や実のなる公園を作りたいと考えております。

以上のご回答を台東区公園緑地課緑化推進担当係様よりいただきました。ありがとうございます。

[このページの先頭へ]

中央区

http://www.city.chuo.tokyo.jp

公園課

・各公園に1本以上の広葉樹を植えています。そのうち、どんぐりのなる木は、マテバシイ、ウバメガシ、アラカシ程度です。
・ただ、公園が暗くなることから常緑広葉樹は強剪定(キョウセンテイ)を行っており、明るい雰囲気の公園作りをしています。従って、どんぐりの実がなる前に切っているかもしれません。
・公園を明るく保つため、現在は、落葉樹や花のなる木を植える方向であり、防犯上の理由からも、常緑広葉樹のスペースは狭くなってきています。
・公園の外周部には防火の意味で常緑広葉樹を残しています。
(以上、2000.9時点)

以上のようなご回答をいただきました。金曜日の問い合わせに翌月曜日のご回答と、大変迅速なご連絡をいただきました。中央区公園課様ご回答ありがとうございます。

 

私の妻の話では、そもそも、暗い公園だったら子供を連れて行きたくないとのことです。中央区のような高いビルの多いところではなおさら暗くなることが考えられますね。
公園の管理の面からも十分納得できるお話しでした。いろいろな面から検討されているようで勉強にもなりました。

(参考)
どんぐりの木のうち、スダジイ、マテバシイ、シラカシ、アラカシなどは常緑樹です。
落葉樹としては、コナラ、ミズナラ、カシワ、ナラガシワ、クヌギなどがあります。

[このページの先頭へ]

千代田区

http://www.city.chiyoda.tokyo.jp

環境土木部道路公園課

 区内の公園などにある通称どんぐりと呼ばれているものは次のとおりです。
マテバシィ:区立和泉公園
シイノキ:区立東郷公園、区立清水谷公園、区立千鳥ケ淵公園(英国大使館前)
クヌギ:区立千鳥ケ淵緑道、北の丸公園(国立)
そのほか、都立日比谷公園がありますが、このなかにどんぐりの木があったがどうかは定かではありません。
(以上、2001.11時点)

以上のようなご回答をいただきました。千代田区環境土木部道路公園課様ご回答ありがとうございます。

千代田区には、どんぐり探偵団情報にもあるように街路樹でりっぱなトチノキ(外務省前)があったりしますね。散歩がてら自分で探してみるのもいいですね。

[このページの先頭へ]

豊島区

http://www.toshima.ne.jp/~city/

土木部公園緑地課

・豊島区内の公園出どんぐりのなる木が一番多いのは、「目白の森」(豊島区目白4-11-21)です。コナラ・クヌギ・シラカシ・スダジイ・ウバメガシが計40本あります。
・目白四丁目一帯は、江戸時代には「くぬぎ山」とも呼ばれ、くぬぎ林があったとされています。
・区ではその一角にあったお屋敷跡地を買収し、既存の樹木を残しながら「区民の森」として整備し、平成9年から供用しています。
・その他の公園では、シラカシ・スダジイ・マテバシイが数本ある公園が十数箇所程度ありますが、いずれも本数が少ないためどんぐり拾い遊びができるほどではありません。(どんぐりのなる木を増やす予定はありますか、との質問に)
・豊島区で公園を造るときに、植栽についえの要望で多いのは区の木・花であるソメイヨシノ・ツツジを植えて欲しいというものです。
・また、花の咲く木を植えて欲しいという要望も多くあります。
・残念ながらどんぐりのなる木を植えて欲しいという要望はほとんどありません。
・区としてどんぐり拾い遊びができるような公園を造る予定はいまのところありませんが、ビオトープ空間を中心とした公園造成の要望はかなりありますので、要望がまとまればその一部分にどんぐりのなる木をある程度まとまって植えることも可能と考えます。

以上のご回答をいただきました。豊島区土木部公園緑地課様、お忙しいところご回答をいただきありがとうございます。月曜日に問い合わせを郵送したところ、木曜日にはご回答をいただきました。

小さい公園でも、1本でも見つけられたら風の強い日の翌日には拾えるかもしれませんね。自分だけの秘密の場所(あんまり秘密でもないかな)を持っているのも楽しいものです。 

[このページの先頭へ]

中野区

http://www.city.nakano.tokyo.jp

公園緑地課公園維持係

・中野区は"しいの木"が区の木になっているので、公園に必ず1本は"しいの木"を植えてありますが、どんぐりがなる木かどうかは不明です。
・一般的に23区内の樹木はだいたい同じ種類が植えられていると思われます。ブナ科(マテバシイ、スダジイ、シラカシ、まれにコナラ、クヌギ)が多いです。
・特に大きい公園では常緑樹を植えるのでまずあると思われます。
(以上、2000.9時点)

以上のようなご回答をいただきました。中央区と同様、金曜日の問い合わせに翌月曜日のご回答と、大変迅速なご連絡をいただきました。中野区公園緑地課公園維持係様ご回答ありがとうございます。

区の木が"しいの木"なんていいですね。"しいの木"というと、おそらく、スダジイ、ツブラジイ、マテバシイなどだろうと思います。でしたらどんぐりがなるので、どんぐり拾いはできそうですね。
(2000.9.19追記 ブナ科シイノキ屬の樹木は、ツブラジイ、スダジイです。不勉強ですみません。)

[このページの先頭へ]

練馬区

http://www.city.nerima.tokyo.jp

土木部公園緑地課

・区内には約510か所ほど公園・児童遊園緑地などの公園施設があります。
・大きめの公園と緑地については、ほとんどどんぐりのなる木を植えています。木の種類は、クヌギ・コナラ・マテバシイ・シラカスなどいろいろあります。
(どんぐりのなる木を増やす予定はありますか、との質問に)
・まだ植えられていない公園はとても小さいところが多く、ツツジ等の小さい樹木しか植えられないのが現状です。
・もちろん、拡張したり新規で公園をつくる時などは今後とも植栽していきたいと考えています。
・余談ですが、練馬区は23区のなかでもまだ緑の残されている地域です。しかしながら近年の宅地開発などによって樹林地は年々減少しています。
・練馬区では現在「樹林地」を守るため土地の所有者のご協力を得て、心おきなく憩えるスペースとして「憩いの森」と「街かどの森」を整備し開放しています。この「憩いの森」と「街かどの森」はほとんど雑木林ですので、秋になるとたくさんのどんぐりが落ちるので子どもたちは楽しみにしています。
・平成12年9月現在で51箇所ほどありますので、機会がありましたら是非お越しください。

以上のご回答をいただきました。練馬区土木部公園緑地課様、お忙しいところ情報をお寄せいただきありがとうございます。

 

[このページの先頭へ]

文京区

http://www.city.bunkyo.tokyo.jp

土木部公園緑地課維持係

・公園内のどんぐりのなる木のリストをいただきました。(リストは、区外の方々が訪れる際にアクセスの便利な公園を抜粋していただきました。)
・(注)公園内の樹木調査年度は昭和63年度ですので、今日の現状とは多少の変動があります。
・どんぐりの木には多くの種類がありますが、概ね4〜5月頃(スダジイは6月に花を咲かせ、秋(10〜11月)にどんぐりを実らせます。ただし、マテバシイやアラカシなどは翌年の10月に実るのでこの間に剪定が行われると実らない場合があります。

(どんぐりのなる木を増やす予定はありますか、との質問に)
・現在、区立の公園・児童遊園にはスダジイ・マテバシイなどの木が植えられています。また、文京区には小規模な児童遊園が多いため、これ以上の植栽は難しい場合もあります。
・すでに植えられている樹木も、近隣関係における要望(日照・越境等)に基く剪定が行われています。
・上記のことから、現時点で新規の植栽は具体的な予定がありません。そこで、現在あるスダジイやマテバシイなどの木について、可能な限り剪定を控えるなど、実の生るような工夫をしていきたいと考えています。
(参考)
「どんぐり」とは橡栗(とちぐり)から変わった言葉だと言われています。シイやカシ類、クヌギ、ナラ類などブナ科の樹木の果実(殻果)の総称です。これらの中で、シイノキの実は「椎の実」として分けて呼ばれることもありますが、全体をどんぐりの仲間であるとすることもできます。(学術用語ではなぢので厳しい定義がありません。)
そこで文京区ではブナ科の樹木を「どんぐりの木」と考え、リストを作成しました。

以上のご回答をいただきました。文京区区土木部公園緑地課維持係様、お忙しいところ情報をお寄せいただきありがとうございます。
花の咲く時期、実の生る時期、言葉の成り立ちまで含めてご連絡をいただきました。皆さんご存じでした?

文京区どんぐり情報はこちらです。

[このページの先頭へ]

港区

http://www.city.minato.tokyo.jp

街づくり推進部道路公園課公園係

・港区立公園のどんぐりの木についてリストをいただきました。
・地元の意見を聞きながら、花や実のなる木など、四季を通してさまざまな緑が楽しめるような植栽計画を行っています。
・子供の自然に対する好奇心や、本来の遊び機能は、時代が変わり、社会環境が変わっても、本質的には変わらないと思います。
・どんぐりのなる樹木を含め、自然を通じて多彩な体験ができるような遊び場機能の充実を図っていきたいと考えています。
・港区ではカシの木が推奨木となっているそうです。
・ちなみに、区の花は、はなみずきです。
(以上、2000.9時点)

以上のご連絡をいただきました。港区街づくり推進部道路公園課公園係様、お忙しいところ情報をいただきありがとうございます。こちらも金曜日の問い合わせに翌火曜日のご連絡と、大変迅速なご対応をしていただきました。
カシが推奨木ということです。カシというと、アカガシ、アラカシ、イチイガシ、ウバメガシ、ウラジロガシ、シラカシ、ツクバネガシなどがありますね。

港区どんぐり情報はこちらです。その1:公園編と、その2:児童遊園編があります。
どんぐり探偵団(港区情報)をUPしました。(2001.11)

港区では、「港区の公園」というパンフレットがあるんですね。地図と公園の写真が出ていて、とてもわかりやすい内容です。

[このページの先頭へ]

目黒区

http://www.city.meguro.tokyo.jp

都市整備部 みどりと公園課利用係

・目黒区内でドングリがよくひろえる主な公園は、駒場公園・駒場野公園・碑文谷公園が挙げられます。

・駒場公園はウバメガシ40本・ウラジロガシ2本・アラカシ3本・アカガシ10本・イチイガシ12本・クヌギ4本・クリ1本・コナラ16本・シラカシ161本・スダジイ129本・マテバシイ3本があります。
・ただし、ドングリが多いのはコナラ・シラカシ・スダジイくらいで、他のドングリはほとんど見られません。
・この公園の南西側にあるコナラの大木のドングリはマテバシイと同じくらいの大きさになり、多数落ちています。

・駒場野公園は、雑木林を育てています。このため、クヌギ・コナラが100本以上植えられています。このほか、アベマキの大木1本・ウバメガシ・アラカシ・スダジイ・シラカシ・クリがみられます。

・碑文谷公園は、公園の池の周りにクヌギ・シラカシ・スダジイの大木が100本以上あり、多数のドングリが落ちます。

・目黒区の管理ではありませんが、都立林試の森公園にはアベマキ・クヌギが多数あります。そのほか、シラカシ・スダジイのほかハナガガシなど珍しいドングリの木もみられます。

・また、公園以外では神社の境内にアカガシがよく植えられています。

(以上、2002.11月時点)

以上のご連絡をいただきました。目黒区都市整備部みどりと公園課利用係係様、お忙しいところ情報をいただきありがとうございます。
駒場公園、駒場野公園は楽しそうですね。

 

[このページの先頭へ]

[Home]